最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[映画]SHERLOCK HOLMES ~A GAME OF SHADOWS~

配給:ワーナー・ブラザーズ映画


 面白かった!!

 読んだことはなくとも名前だけなら誰もがご存知な名探偵の代名詞、シャーロック・ホームズ。
 そのシリーズの一つ『最後の事件』をベースにした映画です。

 「卓越した洞察力」「化学知識が豊富」「実験大好き」「頭脳だけではなく射撃なども得意」という原作シリーズにも書かれているホームズの設定をこれでもかと言わんばかりに映画向けに、大胆に良い意味で拡大解釈した演出の数々に思わず子供のようにはしゃいで(勿論脳内で。マナーは大事)観てしまいました。
 中盤、終盤に出てくる「洞察力」の演出はもう凄いを通り越して笑ってしまうレベル。まるで未来予知能力をもつ超能力者のよう。序盤からちょいちょい出てくる格闘場面はどことなくジャッキー・チェンを思い出す、スリリングなのにどこかコミカルな動きで楽しませてくれます。派手な演出だけではなく舞台やオープニング、スタッフロールには19世紀末のイギリスっぽい雰囲気がふんだんに醸しだれており、そちらの方もまた素敵。
 
 そしてやはり外せないのは盟友・ワトソンとの関係。互いにボロクソにけなしたり酷い扱いをしたりと好き放題やっていますが、何だかんだ言ってお互いの身の安全を気にかけていたりと、どんな危機にも微塵もゆるがない渋く厚く固い絆が随所に垣間見えてニヤニヤせずにはいられません。

 敵役のモリアーティー教授は「そこまでやるか!?」と言わんばかりの大掛かり且つ容赦なく隙のない手を次々に放ち、貫禄の悪役ぶりを見せつけてくれています。終盤のホームズとのチェス対決はお互いの頭脳の冴えが火花を散らす、素晴らしい戦いでした。

 その他にも頼りになるけどホームズとは別ベクトルの掴みどころのなさと裸族という性癖をもつホームズの兄・マイクロトフや、新婚旅行で突然襲撃を受けて列車から放り投げられるなど散々な目にあうことになるワトソンの新妻・メアリー、「ボヘミアの醜聞」という作品でホームズにいっぱいくわせたことがあるアイリーンなど、一癖も二癖もある脇役陣まで皆魅力的です。

 「これがエンターテイメントだ!」と叫ばんばかりの気合の入った娯楽映画でした! 満足!!
スポンサーサイト

テーマ: 映画感想
ジャンル: 映画

タグ: 映画 シャーロックホームズ シャドウゲーム

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!