最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]俺の妹がこんなに可愛いわけがない10

作者:伏見つかさ
イラスト:かんざきひろ
レーベル:電撃文庫


 面白かった!

 ラノベお約束のハーレム展開なのに萎えることなく一気に読み切ってしまいました。
 
 フツ―(時々熱血)な兄・京介と多才でイマドキ風、でも重度のオタクな妹・桐乃。
 一時期は冷戦状態だった二人が周囲の友人知人を巻き込んでドタバタするラブコメ第10巻です。
 
 とある事情から一人暮らしをすることになった京介。その部屋をヒロインたちが次々と訪れて一悶着が!? というお話。
 兎に角にも桐乃の"表"友人組大勝利な巻でした。

 見た目はロリ、中身はヤンキー。だけど意外と面倒見がよくて友情に厚い少女、可奈子がサブヒロインとして大躍進です。興味のないものは全く覚えようとしない彼女ですが、その分、気になるものにはとことん入れ込むらしく、男一人暮らしな京介の部屋を桐乃以外のヒロインでは最初に訪ね、しかもお弁当攻撃。中盤のヒロイン大集合な場面では嫉妬しているともとれる言動を京介に向かって放ちます。初登場の頃と比べると色々と感慨深いものが。

 感慨深いと言えば桐乃のもう一人の"表"の友人、ヤンデレ少女なあやせ。
 実質この巻ではメインヒロインを務めております。京介と彼女の間には桐乃に関して、お互いに解くわけにはいかない誤解があったのですが、ついにそれが嘘で、しかもその事にお互い薄々気づいていたことが明らかになります。二巻終盤にあやせから送られてきた「大嘘つきのお兄さんへ」メールとそれを読んだ後の京介のリアクションはこの展開の伏線だったようで。9巻の一部やこの巻で黒猫に京介との直接関わる理由がないことを指摘された後の葛藤している様子には大いにニヤニヤさせていただきましたが、それも終わりのようです。
 ストーカー事件を経て誤解が解け、心の障壁が崩れたのかラストで○○○。このシリーズでは恒例の終わり方となっております。

 余談ですが、あやせが桐乃の頼みで京介の実質通い妻状態になる辺り(この時点で既にツッコミどころ満載)には爆笑しました。現実なら血を見ることになるか愛想を尽かすかのどちらかになりそうな状況なのに、桐乃の「京介の邪魔するな!」「あやせ、お願い」で解決してしまうとは。しかも京介もあやせも他のヒロインたちもそれを受け入れてしまうんかい、と(お互いに引っこみがつかない状態になっていただけで、桐乃の提案はむしろ渡りに舟だったという解釈もできそうですが)。

 そんなツッコミどころもありましたが、それでも止まることなく最後までページをめくってしまう勢いが、10巻になってもこのシリーズには失われていません。
 最近は以前ほどラノベを楽しめなくなってきている自分ですが、それでもこの作品は別枠で追いかけ続けたいシリーズの一つです。

 あやせ覚醒で事態はどう動くのか? 次巻も楽しみ!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 伏見つかさ かんざきひろ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【[小説]俺の妹がこんなに可愛いわけがない10】

作者:伏見つかさイラスト:かんざきひろレーベル:電撃文庫面白かった!ラノベお約束のハーレム展開なました。フツ―(時々熱血)な兄・京介と多才でイマドキ風、でも重度のオタクな妹・桐乃。一時期は冷戦状態だった二ot;表
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!