最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]聖女の救済

作者:東野圭吾
レーベル:文春文庫


 女性のことを子供を産む機械としか考えていない、イケメン若手社長が殺されるところから、物語は始まります。
 主人公の草薙刑事、内海刑事らは捜査を開始し、比較的早い段階で容疑者が絞られてくるのですが・・・・・・。

 タイトルが象徴する犯行のトリックに呆然となりました。

 殺人事件という"結果"よりもそこに至るまでの経緯と犯人が行った準備の遠大さが恐ろしい話です。
 殺された方も殺した方も、端から見ればどちらも狂っております。

 その一方で草薙刑事の純情&プロ根性と、基本的にはクールなのに草薙の言動にムキになって反応する内海刑事のやり取りには妙に癒やされるものがありました。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 東野圭吾 文春文庫 聖女の救済

コメント

No title

『白夜行』を読んだことがあります。その後書きで、著者の理想の女性像にドン引きした覚えがあります。この作者は、ちょっと夢見がちなところがありますよね? こちらの作品では、作者のそのような傾向は伺えましたか? ストーリーは面白そうなので、読んでみたいと思いました。ちなみに『白夜行』は面白かったですよ! 作者には、むにゃむにゃ……でしたが(笑)

Re: No title

>もぃもぃさん
こんにちは。コメントありがとうございます!
作者の理想像・・・かどうかは分かりませんが草薙というシリーズ通して登場する刑事に恋の予感が!? というエピソードがあります。あれが作者の趣味だとすると・・・・・・うん、ちょっと病んでいると言わざるをえません(^^;
基本的には「これなら殺されても仕方がない」と読者に思わせるクズ人間が被害者を務め、
どこか同情したくなる境遇の人間が加害者となる、"いつもの東野圭吾"作品でございます。

逆に私は『白夜行』が未読です。むにゃむにゃ・・・・・・な作者の好みが気になります(笑)本屋で見かけたら読んでみます!
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!