最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]のぼうの城 下

作者:和田竜
表紙絵:オノナツメ
レーベル:小学館文庫


 圧倒的戦力差で始まった秀吉軍の忍城攻め。
 誰もが寄せ手の一方的な勝ちとなるように見えたこの戦いは、忍城側の奮戦、三成や農民の心理、そして長親の奇妙な行動により思わぬ方向へと転がっていきます。

 "起こり得ないこと"が起こったその瞬間、歴史は動きませんでしたが多くの男たちの運命が動かされることになります。

 終盤の「残ったのはこの城だけ」のくだりには鳥肌がたちました。

 そして長親の「まだ戦いは終わっていない」という台詞と落城後、家臣たちの士官先斡旋に務めたというその後の人生に涙涙涙。

 真に、真によき戦でございました!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 和田竜 オノナツメ 小学館文庫 歴史 戦国 のぼうの城

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!