最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[エッセイ]グルメのための文藝読本

著者:篠田一士
レーベル:朝日文庫


 「料理」から古今東西の名作文学の世界を垣間見る一冊。

 自分にとってはとても新鮮な視点に思えました。
 各項目が全て2ページで統一されており、読みやすいのですが、その反面ブツ切りな印象も受けます。
 いささか断定的過ぎるように思える書き方も相まって「物知りなオジサンの蘊蓄話」を延々聞かされている気分になることも。ネタは素敵だけど読むのにはそこそこ忍耐が必要な一冊かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 篠田一士 朝日文庫 グルメのための文藝読本

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!