最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]勝海舟(六) 明治新政

作者:子母沢寛
レーベル:新潮文庫


 勝海舟の半生と幕末~明治にかけての激動の日本を描く長編の最終巻。
 江戸城が明け渡され、様々な課題を抱えながらも明治の世が始まります。

 榎本達海軍の脱走、旧幕臣たちの駿府移住。依然として大きな諸外国の存在。まだまだ海舟の仕事は尽きませんが、作者の筆と興味は、戊辰戦争終盤くらいで尽きたようです。思わず読み飛ばしや落丁を疑ってページ数を何度も確認してしまう程の唐突なラストです。

 全体を通して、勝海舟の物語と言うよりは、勝海舟を中心にして当時の有名無名な人物たちがそれぞれの人生を進んでいく姿を映す、良き群像劇だったように思えした。坂本竜馬や西郷、大久保、木戸だけじゃない。名を残さなかった人たちもみんな幕末、明治という時代を支えた一員だったんだということを強く感じさせてくれます。
 その終わり方には面食らいましたが、読んで良かったと思える素晴らしい大河物語でした。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 本・雑誌

タグ: 子母沢寛 新潮文庫 勝海舟

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!