最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]"空蝉" ヒカルが地球にいたころ……7

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


 グッときた!!
 
 "母親"とは?
 本巻ヒロインの空、ヒカルとその"最愛"、そして是光と彼が幼い頃に出て行った母親。更にはひいなの出生の秘密。様々な親子関係を通してそれぞれが自らの存在価値について答えを見いだすエピソード。

 ヒカル、ひいな、葵の応援を受け、"母親"というトラウマと、ズタボロになりながらも最後には笑顔で向かい合った是光の姿に、読んでるこちらまで涙腺がゆるみっぱなしでした。ヒロインは空蝉こと空さんでしたが、メインは完全に是光の戦いだったように思えます。
 既巻ヒロインも黙ってはいません。出番の少なさの割には目立っていたのが朝ちゃんさん。これまで散々是光のことを駄犬呼ばわりしてきた彼女ですが、この巻では彼女の方が犬と化しています。ご主人様に待てと言われれば尻尾を振って声がかかるのを健気に待ち、GOサインが出れば喜び勇んで尽くしちゃう。彼女の首に、首輪を幻視してしまいそうです。
 終盤で一巻のヒロイン、葵がおいしいところをかっさらっていきましたが、個人的には、これは五点ビハインドの試合で満塁ホームランを打ったに過ぎないような気がします。
 その他のヒロイン(頭条さん含む)たちは、今回はネタ要員。活躍の場はあんまりなし。その分、学園祭となる次巻で大暴れしてくれることを期待です!!
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 ヒカルが地球にいたころ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!