最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[ゲーム]ルートダブル

開発:Regista
販売:イエティ


 「コミュニケーター」と呼ばれるテレパシー系能力をもつ人が多く住む特殊な都市「鹿鳴市」。
 その中の原子力研究所で、ある日爆発事故が発生。隔壁により原子力研究所地下に閉じ込められた9名の男女。
 徐々に施設内の放射線量が上昇していく中、彼らは無事生き残ることができるのか?

 結城アイラのアルバムに収録されたOP、ED曲に惹かれて購入、プレイしました。
 Amazonのレビューでの評価に違わず、面白かったです。

 優秀なレスキュー隊長である記憶喪失の青年、とある経緯から原子力研究所へのテロ計画を阻止するためにやってきた少年。二人の視点を中心に物語は進んで行きます。
 ルートAでは脱出口は見つからず、あちこちで火災が発生し、施設内放射線量は上昇を続け、更には謎の他殺体が複数見つかるなど、混沌と緊張が支配する雰囲気を楽しめました。
 ルートBでは過去の回想から徐々に事件の経緯と登場人物の人間関係と日常での顔が明らかになっていきます。

 ルートA、Bで状況が十分に絶望的だということが分かり、そこからの反撃が始まる後半戦は、ある程度予想できたものから、斜め上だったものまで、手に汗握る展開、難しい選択の連続。大変満足です。

 音楽の使いどころ(どんな感動的な曲も、何度も何度も何度も使い倒されると食傷気味になります)と、ルートB主人公他数名がもつ能力のチートぶり(記憶改竄ができる、というのはあまりにも無敵過ぎる気がします)、同じくルートB主人公のルートA主人公に対する偉そうな態度(ある意味では超寛大とも言えるのですが)が鼻についたのですが、そこを気にしなければ非常に素敵なゲームだったと思います。

 時間を忘れて、プレイさせていただきました!
スポンサーサイト

テーマ: PCゲーム
ジャンル: ゲーム

タグ: ゲーム ルートダブル イエティ Regista

コメント

わ、わたしそれ気になる!!(笑)主人公が性格悪いの嫌!(*≧Δ≦)
ふとした瞬間に、(電車乗ってるときとか)「あいつ鼻につく奴だったな……」って思い出したりしそうですね。

あと、『俺の妹~』は、某レビューでけちょんけちょんに言われてましたよ(^^;)読んでないけど、なんか納得できました(笑)

Re: タイトルなし

>もぃもぃさん
コメントありがとうございます。

主人公Bは、主人公Aに一度友人共々殺されかけていて、でも状況を打開するために記憶を失った主人公Aと協力せざるを得ない、という経緯があります。しかもまだ高校生。なので刺々しい態度をつい取ってしまうのは自然ではあるのです。が、それを踏まえてもなお嫌悪感を感じてしまうという(笑)

『俺妹』のラストは……今は、自分の中で色々と補完して一応は個人的に納得、としています。
密林とかのレビューは、色々と極端なものが多いので「有用性のある」以外は話半分で(^^;
非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!