最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]史記 武帝紀(三)

作者:北方謙三
レーベル:ハルキ文庫


 匈奴との一大決戦はかろうじて漢の勝利に終わり、舞台は次のステージへ。

 名将が逝き、李陵ら若い世代が育ち、武帝はこの先が不安になる微妙な心情の変化を見せます。
 その一方でゆっくりと力を蓄え直す匈奴。

 霍去病と司馬遷について以外は知らないことばかりなので先が読めません。続きも楽しみです!

 個人的に残念賞を贈りたいのは公孫敖。
 一巻で衛青を救い出した時は義侠心と野心にあふれる好青年だったと思うのですが、いつの間にか無能で手前勝手で現実が見えていない残念すぎる人に。Wikipediaを読む限りでは最期まで残念な人であり続けるようです。合掌。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 北方謙三 ハルキ文庫 史記

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!