最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]"六条" ヒカルが地球にいたころ・・・9

作者:野村美月
イラスト:竹岡美穂
レーベル:ファミ通文庫


 「源氏物語」(とあと一つ)をモチーフにした、ちょっとドロドロな恋ありサスペンス第9巻。
 
 色々な意味で衝撃のラストでした。あいつはゾーマではなくバラモスに過ぎなかった・・・・・・! 
 一人のヒロインの頭上に「当確」の文字が輝き、是光の女性関係も一段落つきそうですが、のんびりラブラブしてもいられなさそうです。

 今回は「俺が守ってやる!」系男子、主人公の是光のアイデンティティが揺さぶられ、これまで以上に精神的にズタボロになっていき、一人のヒロインの存在によってそれを乗り越え、大きく成長していく様子が印象的でした。やっぱり主人公は、あれこれ足掻いて一歩ずつ強くなっていくタイプの方が好感がもてます。

 序盤で別のヒロイン、朝ちゃんさんが色々な人から是光にプッシュされている場面が非常に微笑ましかったのですが、彼女にお似合いなのは、主人公ではなくギャグ&和み要員ぶりが板についてきた頭将さんなんじゃないかと思います。何だかんだ言って意識しているみたいですし。

 最終巻となる次巻は満を持してのサブタイトル「藤壺」。
 ラストダンジョンは信州? 真のラスボスは果たして誰なのか?(級長と思わせておいて、それも偽物なんじゃないかと。帆夏に接触してきたのもそんな気がしますし) 
 次でこのシリーズともお別れなのは寂しいですが、楽しみです!
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ファミ通文庫 野村美月 竹岡美穂 ヒカルが地球にいたころ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!