最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]源氏物語10「榊」

作者:紫式部
現代語訳:与謝野晶子
レーベル:青空文庫


 「どうなってもこうなっても私はあなたにつきまとっているのですよ」

 源氏さん渾身のストーカー宣言も空しく、初恋の人にして義理の母、中宮(藤壺)さんは仏の道へ。更には兄嫁、尚待こと朧月夜さんと密通しているところを政敵に現行犯で見つかったり、ついでに元祖ヤンデレヒロインこと六条さんも伊勢へと去ってしまったりと、若紫を除き、これまで源氏の周囲を彩っていたヒロインたちとのお別れの時がやってきます。
 その一方、父である桐壺院が亡くなり、後を継いだ朱雀帝がいまいち頼りないのをいいことに政局の流れが大きく変化していきます。政治色の濃さはこれまでで一番かもしれません。そしてそんな中でもブれずに仕事を放って引きこもったり下半身の赴くままにうろつきまわる源氏さん。
 藤壺さんをはじめとして、源氏さんに迷惑を被りまくっているヒロインたちを見ていると、飼い主にかまわれ過ぎてノイローゼになる猫の姿が思い浮かびます。源氏さん、まじクズ飼い主。

 最後にはそんな貴族としても男としてもクズ極まりない源氏さんに天罰が下されたかの如く、清算の時がやってきます。
 「やっちゃいけない恋ほど燃える」と言い放つ天性のプレイボーイ、源氏さんの運命やいかに!?
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 紫式部 源氏物語 青空文庫

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!