最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]少し変わった子あります

作者:森博嗣
表紙絵:西島大介
レーベル:文藝春秋


とある大学の教授である主人公。
彼が行方不明になった後輩の紹介を思い出して
訪ねた店は、何とも風変わりな店で・・・。

シュールな、何ともシュールな短編集でした。

主人公が訪ねた店はそもそも何の店なのかも
わからない店で、
毎回、営業している場所が変わる店で、
とても美味しいけど筆舌に尽くしがたし、というほどでもない料理が出る店で、
とても美人だけど印象には全く残らない女将がいる店で、
本当にただ、一緒に食事をするだけの若い女性が
同伴する店。

客に課せられる暗黙のルールは二つ。
・一人で来ること。
・同伴した女性とはその場限り。他の場所では会わないこと。

客を呼ぶ気がないとしか思えないような
おかしなシステムをもつこの店に不思議な魅力を感じ、
主人公は何度も足を運びます。

事件らしい事件も起きず
(怪談めいた事象は起きますが・・・)
淡々と各話ごとに主人公と同伴する女の人との間で
とりとめもない会話が交わされます。

面白いと言えばいいのか、つまらないと言えばいいのかも
わからなくなる、不思議ワールドがぼわぼわと
広がる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 文藝春秋 森博嗣 西島大介 少し変わった子あります

コメント

 森博嗣って、S&Mとか、一番好きなVシリーズとか、
今やってるQシリーズ、×シリーズは読めるんだけど、
それ以外の単発ものだったりシリーズがあんまり面白い印象がない。
百年密室はよかったんだけど、ZOKUとか、堕ちていく僕たちとか、読んだあと、なんだかなーって。

Qじゃなくて、Gシリーズでしたよ。まちがった。

ミルフィー・ユ・・・ってミルフィーか!?
mixiの方からきてくれたのね。
こちらの方でもコメントありがとう!(^^/
(人違いでしたらごめんなさい!!)
ん~、確かに感想に困る作品ではあるよね(^^;
ZOKU・・・ってロボットみたいのが出るやつだっけ?
途中まで読んで放置しちゃってるよ。。。
GやVシリーズなるものは未読だな~。
本屋で見かけたら読んでみようかな。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エルメス

サイト作りの参考サイトを回ってます。また読ませてもらいます。
検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!