最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[ゲーム]信長の野望 創造

制作・販売:コーエーテクモゲーム


 「信長の野望」シリーズ30周年を飾る最新作。
 一枚マップで国盗りが展開する点は前作「天道」、前々作「革新」と同じですが、その他の点ではこれまでのシリーズから大きく変わっています。

 個人的にポイントが高かったのは「外交」の重要性が増した点とメリットだけではなくデメリットも存在する「政策」、そして複数の進軍ルートが存在することによる「道」。
 「道」については前作にも存在しましたが、シェイプアップされてより意味のあるものに進化しているように思えます。 無数の支城によって兵站を確保し要地に陣地を設営して敵の進軍を妨害。挟み撃ちにして包囲殲滅すれば軍神・上杉謙信とも渡り合える。『裏切り』や『技術』、謀略といった要素が実質なくなってしまったのは残念ですが、それを補ってあまりあるこれらの要素に、どっぷりハまりました。気付くと日本地図と進軍経路を頭に思い浮かべてしまうくらいに。

 CPUは非常に攻撃的になっており、もたもたしていると難易度:初級ですら武田や上杉、島津といった有名大名が手を付けられないくらいに育ってしまい、シンプルな見た目とは裏腹に大変やり応えがあります。
 更に、これまでのシリーズでも宿命だった、後半の只の作業と化してしまう展開は、日本の半分を支配した時点で実質コールドゲームにし、後半の展開を「なし」にしてしまうシステムの実装という、驚きの解決案を提示しています。

 ある程度自分なりの攻略方法が確立できてしまうと、有名大名での攻略はつまらなくなってしまう、という問題は依然として存在しますが、自分としては満足度のかなり高めな作品でした。
 次は『謀略』が重要なポイントになるようなシステムにしてほしいと密かに期待!
スポンサーサイト

テーマ: ゲーム
ジャンル: ゲーム

タグ: ゲーム 歴史 信長の野望

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!