最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]ダーティホワイトボーイズ

作者:スティーヴン・ハンター
レーベル:扶桑社ミステリ


 どこまでも悪辣で狡猾な脱獄囚・ラマ-一党と、どこまでもタフな警官・バドによる、時には直接、時には間接的な四度の遭遇。

 脱獄囚・ラマ-パイの突き抜けた残虐非道ぶりと、そこに同居する優しさ。現実にいたら危険極まりないですが、不思議な魅力を放っています。
 いつの間にやら奇妙な疑似家族を形成していくラマ-達と、英雄的な追跡劇を繰り広げつつ一方で浮気に走り、家庭に徐々にヒビを入れていくバドの対比が印象的でした。

 そしてラスト。とあるヘタレ人物が終盤の展開とエピローグを通してまさかの大変貌。
 「お前を男にしてやるぜ」
 ラマ-が彼に言った台詞は奇しくも現実になっていたようです。

 迫力ある銃撃戦や緊迫した推理・追跡劇も素敵ですが、この作者の最も好きな部分は、このラストの余韻です。
スポンサーサイト

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: スティーヴン・ハンター 扶桑社ミステリー ダーティーホワイトボーイズ

コメント

非公開コメント

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!