最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

[小説]ティターンズの旗のもとに ADVANCE OF Z

作者:今野敏
レーベル:メディアワークス文庫


ガンダム@軍事裁判。

グリプス戦役後、政治的思惑から
問答無用で死刑を宣告されようとしている
元ティターンズの兵士・エリアルドを救うため、
弁護士のコンラッド・モリスは「戦い」を開始します。

コンラッドらの奔走の甲斐あって少しずつ明らかになる
起訴内容の真相。
そしてエリアルドを助けるために集まったかつての戦友たち。
絶望的な戦況を挽回する光明が見えてきたあたりで
続・次巻。
良い焦らしプレイです。

エリアルド視点でグリプス戦役の前後の出来事が語られる過去パートと
コンラッド視点で進行する軍事裁判が描かれる現代パートが
頻繁に行き来するため、合わない人には少しだけ読みづらいかも。
しかし、物語の中核を覆う外殻が少しずつ削り取られて
中身が見えてくる展開はじわじわと緊迫感が増してきて、心地よいです。

下巻ではどのような結末が待ち受けているのか、楽しみ。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 今野敏 メディアワークス文庫 ガンダム ティターンズの旗のもとに

[小説]ラプラスの亡霊 機動戦士ガンダムUC(5)

作者:福井晴敏
レーベル:角川文庫


舞台は宇宙世紀始まりの地へ。

『箱』を追うフル・フロンタル、連邦、ビスト財団、
仲間の奪回を目論むジンネマンたち、
戦いを停めるため、地球へと降り立ったリディとミネバ、
自らの、ガンダムの力を怖れるバナージ、
そんなバナージに未来を託さんとする『大人』たち。
それぞれの想いが交錯し、大気圏に突入するかの如く
燃え上がります!!

ニュータイプ抹殺のための冷徹なマシーンとしてのガンダム、
バナージとリンクし、正体不明なもう一つの可能性を秘めたガンダム、
ガンダムがもつ二面性が今後物語にどう関わってくるのか、
折り返し地点を過ぎてもワクワクが止まりません。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 福井晴敏 角川文庫 機動戦士ガンダムUC

[小説]月に繭 地には果実(下)

作者:福井晴敏
レーベル:幻冬舎文庫


登場人物の大半が「何でそっちに走っちゃうの!?」と
叫びたくなる方向に迷走した結果、訪れる結末。
恐ろしくスケールのでかい原点回帰の物語でした。

この一冊の中で「え…ここでコイツが退場しちゃったら、この先どうすんの!?」
と何度思ったかわかりません。
それくらい予想の斜め上をいく展開が続きます。
ファンネルの動きに翻弄される一般パイロットになった気分でした。

そんな混沌とした展開の中、
最後まで生き方のブレが少なかったように思えるのがソシエ(シドじいさんもだけど)。
中盤までの扱われ方は散々でしたが、強い子でした。

その一方で救いようのない弱さ(そこがまた人間的とも言えますが)を
見せたフィル、キエル、グエン、アグリッパ、そしてハリー。
それぞれの心理はどこか空想の話とは思えなくて、読んでいて色々な意味で辛かった。

この世界に残された傷痕は深そうですが、
どうか生き残った方々が納得のいく答えを見出せますように。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 福井晴敏 幻冬舎文庫 ガンダム 月に繭地には果実

[小説]月に繭 地には果実(中)

作者:福井晴敏
レーベル:幻冬舎文庫


混沌としてまいりました。

それぞれの過去と現在の想いが軋みをあげて
押し合いへし合いしています。
主役ガンダムの対となる存在も登場し、
ラストの展開への期待が高まります。

そんな中築き上げられていく主要人物ほぼ全員片想いという
少女漫画のような人間関係。

下巻における彼ら彼女らの着地点も楽しみでなりません。

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 福井晴敏 幻冬舎文庫 ガンダム 月に繭地には果実

[小説]パラオ攻略戦 機動戦士ガンダムUC(4)

作者:福井晴敏
レーベル:角川文庫


バナージを軸や起点にして、
様々な登場人物の優しさや強さが垣間見える第4巻。

しかし、連邦中枢の動きはそれを嘲笑っているかのようであり、
汚れた取り決めの隙間を縫うようにして
ネオ・ジオンの実質的指導者、フル・フロンタルは行動を開始します。

良かれと思ってとった行動がことごとく
自らを深みへと導く羽目になるバナージ、
惚れた女を背中に乗せて独自の行動を起こすリディ、
マリーダの過去、
徐々に明かされる「ユニコーン」の秘密。
そしてやはり熱いモビルスーツ同士の戦闘。
もの凄い動きをしている物体が「もの凄い動きをしている」ということを
ビンビンに感じ取れる素晴らしい描写です。

「ニュータイプ」という"可能性"を抹殺するために
造り出された存在、「ユニコーン」に
あえて"可能性"を託した亡きカーディアスの狙いとは
一体何だったのか?
物語の謎はますます深まるばかりです!

テーマ: 感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 角川文庫 福井晴敏 パラオ攻略戦 ガンダム ガンダムUC

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!