最新記事
カテゴリ
SF (15)
FC2カウンター
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[小説]鳥籠巫女と聖剣の騎士

作者:紅玉いづき
レーベル:電撃文庫


 聖剣に選ばれた騎士をひたすら待ち続けることを運命づけられた巫女と、騎士の家に生まれ、才能を秘めつつも戦いを嫌う少年の物語。
 身分や家に縛られ、窮屈な思いをしている二人が出会い、お互い探り探りしつつ少しずつ距離を縮めていく様子はとても暖かい気持ちになります。
 「さあ物語はこれから!」という所で終わってしまうのが少々残念ですが、別の物語のスピンオフ作品というのなら仕方がありません。本編も読んでみたい。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 紅玉いづき 鳥籠巫女と聖剣の騎士

[小説]GE2

作者:新木伸
イラスト:あるや
レーベル:ガガガ文庫


 ゆるふわ狩り&お食事小説第二巻。
 主人公パーティーの街での過ごし方描写に若干比重を移しつつ、今回も和やかにまったりと話が進みます。各キャラのカワイイ部分がより掘り下げられている印象。
 新キャラは主人公・カインの妹(的な存在)とイタズラ好きな双子の姉妹。妹的な方はこれまたGJ部の霞そっくりな人物設定ですが、双子姉妹はGJ部未登場です。
 次巻も新キャラが出るようなので、今度こそタマも登場でしょうか?

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル ガガガ文庫 新木伸 あるや GE

[小説]マグダラで眠れV

作者:支倉凍砂
イラスト:鍋島テツヒロ
レーベル:電撃文庫


 奇跡も魔法もない、知恵を振り絞って泥臭く危機を乗り越えていくファンタジー。第5巻。

 目的のためには手段を選ばない(はずの)クースラたち錬金術士や騎士団の面々の意外な一面が見えたりと、人物の掘り下げっぷりが興味深かったです。ヒロイン・フェネシスはどんどん強かに、反比例してクースラがどんどんヘタレになっております。
 騎士団と行動を別にし、次巻は新展開の予感。続きも楽しみです。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 支倉凍砂 鍋島テツヒロ マグダラで眠れ

[小説]マグダラで眠れIV

作者:支倉凍砂
イラスト:鍋島テツヒロ
レーベル:電撃文庫


 実現不可能とも思える己が夢"マグダラ"を追い求める者たちの物語。第四巻。主人公・クースラたち一行は新天地・カザンへと進出し、まだ見ぬ知識を求めて活動開始します。しかしそこにはこの世界の権力構造を逆手にとった巧妙な罠が!
 一変した状況の中で最善手を模索しあがく主人公達。好みの展開です!

 自らに"利子"という名をつけ、怜悧で徹底的な現実主義者を気取るクースラさんが、ヒロイン・フェネシスの魅力の前にどんどん丸くなっていく様には目もあてられません(もっとやれ!な意味で)。もうこの人、クーデレと改名した方がいいんじゃないでしょうか。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: ライトノベル 電撃文庫 支倉凍砂 鍋島テツヒロ マグダラで眠れ

[小説]冬の巨人

作者:古橋秀之
表紙絵:藤城陽
レーベル:富士見L文庫


 果てしなく続く冬の世界。
 人類は千年の時を歩き続ける「巨人」の背中で生活を営む・・・・・・。
 白く透き通った幻想的な世界観が素晴らしいです。

 しどろもどろな主人公の口調には少々苛立ちますが、周りの人物は簡潔な描写ながらも魅力的。
 終わりゆく世界とそこからの再生。サクッと読める、素敵なファンタジーでした。

テーマ: 読書感想
ジャンル: 小説・文学

タグ: 富士見L文庫 古橋秀之 藤城陽 冬の巨人

検索フォーム
月別アーカイブ
プロフィール

koyak

Author:koyak

好きな言葉は日進月歩。
得意技はフェードアウト。

ラノベもゲームも漫画も
大好きだけど、
そんなものが大好きな自分は
かなり嫌い。
そんな奴です。

<<惚れている人、グループ>>
(敬称略)
・司馬遼太郎
・米澤穂信
・野村美月
・浜渦正志
・大嶋啓之
・光田康典
・新居昭乃
・kukui

<<惚れている作品>>
・燃えよ剣
・「ウィザーズ・ブレイン」
・「"文学少女"」
・「ヒカルが地球にいた頃」
・東雲侑子は短編小説をあいしている
・とある飛空士への追憶
・Xenogears
・るろうに剣心
・いいひと。
・帯をギュっとね!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。